ミカエル・ヒョルト/ハンス・ローゼンフェルド

Michael HjorthHans Rosenfeldt

 

斬新な人物設定と、複雑な人間関係、巧妙なその描写で、スウェーデン犯罪小説の新しい時代を切り開く二人組。マンケルのクルト・ヴァランダーと出会ったときと同じような衝撃を受けた。

 

 

「殺人者ではなかった男」

原題:Det Fördolda (秘密)

ドイツ語題:Der Man, Der Kein Mörder War(殺人者ではなかった男)

2010年)

 

「彼の知っていた女性たち」

原題:Lärjungen (弟子)

ドイツ語題:Die Frauen, die Er Kannte 彼の知っていた女性たち)

2011年)

 

「誰も気づかなかった死者」

原題:Fjällgrave(フィエルの穴)

ドイツ語題:Die Toten, die Niemand Vermisst  (誰も気づかなかった死者)

2012年)

 

「沈黙していた少女」

原題:Den stumma flickan

ドイツ語題:Das Mädchen, das Verstummte

2014年)

 

それに値しなかった者たち

原題:De Underkända(拒否された者)

ドイツ語題:Die Menshcen, Die Es Nicht Verdienen

2015年)

 

 

<書評のページに戻る>