ヨナス・ヨナソン

Jonas Jonasson

(1961 - )

 

半世紀の時を越え、地球規模に渡る、壮大な、それでいて馬鹿馬鹿しい物語を発表し続けるヨナス・ヨナソン。一九六一年にヴェクスユで生まれ、イェーテボリ大学で学んだ後、ジャーナリストとして活躍したヨナソン。しかし、健康を害してしまう。それが転機となり、田舎に移り住んだ彼は、小説の執筆を始める。二〇〇九年に発表された処女作「窓から逃げた100歳老人」はベストセラーとなり、三十ヶ国語に翻訳され、二〇一四年に映画も公開された。

 

「窓から逃げた100歳老人」

原題Der Hundertjährige, der aus dem Fenster stieg und verschwand

ドイツ語題Hundraåringen som klev ut genom fönstret och försvann

2009

 

「計算のできる文盲の少女」

原題Analfabeten som kunde räkna

ドイツ語題:Analphabetin die rechnen konnte

(2013)

 

「殺人者アンデルスと彼の友人たちならびに敵対者たち」

原題: Mördar-Anders och hans vänner (samt en och annan ovän)

ドイツ語題:Mörder Anders und seine Freunde nebst dem einen oder anderen Feind

2015年)

 

<書評のページに戻る>