トマス・カンガー

(Thomas Kanger)

 

1951年スウェーデンのウプサラ生まれ。ジャーナリストであり小説家。自らの育ったヴェステロス市の警察を舞台にし、女性刑事エリナ・ヴィークが主人公の一連のシリーズを発表している。

 

「日曜日の男」

ドイツ語題:Sonntagsmann

原題:Söndagmannen

2004

 

<書評のページに戻る>