アイノ・トロセル

Aino Trosell

1949年〜)

マルング出身、作家

 

 

正直、「おばちゃんが書いた推理小説」という印象を受けた。

アイノ・トロセルは一九四九年、スウェーデンのマルングに森林労働者の娘として生まれている。彼女が六歳のとき両親が離婚、その後は、母親に育てられたという。一九七八年に最初の作品を発表している。従って、彼女は作家としての活動歴が四十年近い、かなり古い時代の人に属していると言える。最初の二十年は一貫して社会的な小説を書いていた。作家として最初に注目された小説「Socialsvängen/社会的な転向」でデビューしたとき、彼女自身は造船所の労働者として働いていた。 最終的に、彼女は歴史や犯罪小説を含む二十冊以上の社会的な本を書いた。多作とは言えない。二〇〇〇年近くになって初めて、彼女は犯罪小説を手掛ける。そして、第一作である「Om hjärtat ännu slår/心臓の打つ限り」は、二〇〇〇年のスウェーデン犯罪小作家アカデミー賞を受けている。(1

この「心臓の打つ限り」のストーリーの大部分は、一人称「私」で、中年の女性、シヴの視点から語られる。イェーテボリに住んで、看護師として働く傍ら、平凡ではあるが幸せな生活を送っていると思っていた彼女は、夫の不倫を知り、家を出る決意を固め、亡くなった伯母インゲボルグの家を継いで、スウェーデンの北部にある村で暮らすことになる。彼女の語りの合間に、殺人の描写が挿入されている。一見平凡に思われるシヴの日常生活の喜怒哀楽に満ちた生活と、残忍な殺人事件が、最後に関係を持つという構成である。その殺人に、ネオナチ、反ユダヤ主義に関連していることは、殺された人物、手口から容易に想像できる。(2

この作品を読んで感じたこと、それは「親切な人間」は世の中にいるが、「親切過ぎる人間」は存在しないということである。「親切過ぎる」人間には、必ず何か魂胆があるものだ、ということ。半ば衝動的に村へ引っ越してきたシヴであるが、職もなく、金もなく、困り果てる。村に来たことを後悔し始める。そんな時、彼女は「親切な人々」によって、助らえる。しかし、その中にひとり「親切過ぎる人物」がいる。その人物に、彼女は利用されることになる。

その「親切過ぎる人物」が、犯罪と関係していることは、物語の半ばから、これも容易に想像できる。そう言う意味では、「犯人」はもう半ばで検討がつき、犯人捜しの面白さ、どんでん返しということはこの物語にはない。

女性作家によって、女性の視点から書かれたこの作品、男性が読むと少し、と言うか、かなりまどろっこしい。女性ならではの興味が饒舌に書き並べられており、展開の遅さに少しイライラする。このストーリーで三百八十ページというのは長すぎる気がする。主人公のシヴは年齢的にも、父親を知らないで母親に育てられたという境遇も。作家のトロッセル自身と似ている。

永年の社会的な作家活動を、アカデミー賞を与えることにより表彰したという印象を拭えない。

 

***

 

(1)    ウィキペディア、スウェーデン語版、「Aino Trossel」の項。

(2)    Solange das Herz noch schlägt, Bastei Lübbe Taschenbuch, Berlin, Germany. 2006  

 

<戻る>