シェル‐ウーロフ・ボーネマルク

Kjell-Olof Bornemark

19202006

作家、ギャンブラー

 

Swedish Crime Write – A Comprehensive Listより。インターネット上はこの写真しか見つからなかった。

 

ボーネマルクは、―九八九年の「スウェーデン犯罪小説作家アカデミー賞」の受賞者である。次に控えるのは一九九〇年に受賞したヘニング・マンケル。マンケルに関しては、ほぼ全ての作品を読み、それなりにリサーチもしている。

「後ひとり!後ひとり!」

ここまで来てホッとしている。しかし、安心するのは早かった。ボーネマルクは、これまで登場していただいた作家たち以上に情報が少ない、手強い相手だったのである。

頼みの、スウェーデン語版のウィキペディアの記載がたった一行。他にはノルウェー語版があるだけで、英語、ドイツ語での説明はない。

 

「シェル‐ウーロフ・ボーネマルク、(一九二〇年生まれ、二〇〇六年死亡)はスウェーデンの作家である。彼は犯罪小説とスパイ小説を書いた。」(1

 

これだけ。その後に、彼の残した本の一覧がある。それも八冊のみ。

l  Legat till en trolös 1982)(トロリーへの遺産)

l  Skiljelinjen 1983)(分割ライン)

l  Förgiftat område 1984)(中毒地域)

l  Handgången man 1986)(操られて歩く男)

l  Skyldig utan skuld 1989)(罪のない罪)

l  De malätna 1991)(モルト)

l  Kontrollören 1992)(ヴェリファイア)

l  Spelaren 1994)(プレーヤー)

全く寡作な人かと思ったら、そうではない。活動期間が短か過ぎるのだ。彼の作家としての活動は、一九八二年から一九九四年までのわずか十二年間だけである。

 

何とかボーネマルクの生涯について知りたいと思って調べたところ、彼の友人による追悼文が見つかった。ヨハン・ヴォペンカ(Johan Wopenka)という人が書いている。もちろん、スウェーデン語である。

 

「シェル‐ウーロフ・ボーネマルクは実に多彩な背景を持つ人物だった。彼が自身で語ったところによると、彼はマルチリンガーであり、船乗り、ジャーナリスト、報道官、聖書セールスマン、不動産業者などの職業を経験したという。それに加え彼はギャンブルの専門家であり、プロのギャンブラーとして、特に『トラヴ競馬』(訳中:馬が車を引く競走、繋駕速歩競走)で生計を立てていたという。

作家としては、彼はスウェーデン犯罪小説作家アカデミーのメンバーであるハンス・ステルトマン(Hans Stertman)に促され、スリラーの『Legat till en trolös(トロリーへの遺産)』を書いた。それは、トーンの低い、心理学的なスパイ小説で、日々変化する可能性があり、誰が本当に信頼できるものが何であるかを誰も知らない政治的なゲームの上で活動する諜報エージェントの姿を描写している。この作品により、ボーネマルクは、『シャーロック・ホームズ賞』と『スウェーデン犯罪小説作家アカデミー、新人賞』を受賞した。

彼は、その後、同じような題材を扱った本を七冊書いている。『Kontrollören(ヴェリファイア)』がその中でも出色である。『Skyldig utan skuld(罪のない罪)』は、オロフ・パルメ暗殺事件を扱っており、彼の作品の中でも最も有名になり、『スウェーデン犯罪小説作家アカデミー賞』を受賞した。彼の最後の作品『Spelaren(プレーヤー)』で、彼は自分のギャンブラーとしての経験を生かしている。また彼のアイルランドと愛への関心が『Förgiftat område(中毒地域)』に描かれている。

一九九四年、ボルネーマークは、犯罪小説の分野から、彼がそれに入る際と同じくらい早く足を洗い、意外にも、『作家協会』の要請により、そこを退去した。しかし、ボーネマルクの残した少数の小説は、精神的なポートレートや、国際諜報機関の信憑性のある描写によって、彼を非常に思い出深いものにしている。彼の本はまた、英語、フランス語、ドイツ語、日本語。を含む多くの言語に翻訳されている。」(2

 

衝撃的なデビューを果たし、数々のヒットを飛ばし、栄誉のある賞を得ながら、突然引退したボーネマルク。その理由は書かれていない。手元にある資料で、それを調べようとしたが、ボーネマルク自体が触れられていなかった。多彩な趣味と特技を持った人だったようなので、一つの分野だけでの活動に嫌気がさしたのかもしれない。これは、あくまで想像だが。

上の記事にも書かれているが、「Skyldig utan skuld(罪のない罪)」は英独日で翻訳が出ている。注文して読んでみようと思う。

 

ボーネマルクが愛したトラヴ競馬。ウィキペディアの同項目の紹介記事より。

 

***

 

(1)                Wikipedia, the free encyclopedia, スウェーデン語版「Kjell-Olof Bornemark」の項より引用。

(2)                http://deckarakademin.org/hem/deckarakademin/ledamoter/kjell-olof-bornemark/ をスウェーデン語より翻訳。

 

 

<戻る>