ウルフ・ドゥルリング

Ulf Durling

1940年−)

ストックホルム出身、作家、精神医学者

 

2014年、スウェーデン・スカラ市を訪問した際のドゥルリング。Wikipediaスウェーデン語版より。

 

 「スウェーデン犯罪小説のオーソリティー」などと自称していても、実はスウェーデン語はほとんど読めない。少しは習ったことがあるし、何よりドイツ語とかなり似ているので、何回も繰り返して読むと半分くらいの意味は取れる。しかし、とても何百ページの小説を読む力はない。と言うことで、もっぱらドイツ語か英語で読んでいる。日本語の翻訳は、ヨーロッパと日本では、言語体系や文化の違いが大きいので、原作の雰囲気を伝え切れていないことが多かったので避けている。また、日本語に翻訳されている作品はドイツ語や英語に比べると、格段に少ない。

 上記のような事情なので、ドイツ語または英語での翻訳が出ていない作家、あるいはドイツ語また英語の批評に取り上げられていない作家は、私にとって非常に困るのだ。この、ウルフ・ドゥルリングもその一人である。

 現在、英独の四冊の批評書、インターネット百科「ウィキペディア」を使ってリサーチしているが、ドゥルリングは四冊の批評書の中にたった一行言及されていただけ。ウィキペディアはスウェーデン語以外は、ドイツ語の項に短い説明があっただけ。幸い、唯一ドイツ語に翻訳されている、「Gammal ost(古いチーズ)」を買うことができた。とりあえずそれを読み終わったら、もう少し、自分の言葉で紹介が書けると思う。

 現時点では、ドイツ語のウィキペディアの文章を紹介しておく。

「ウルフ・ドゥルリング(一九四〇年八月十三日、ストックホルム生まれ)は、スウェーデンの作家、医師、精神科医である。一九四八年から一九五九年にかけて。彼はケーピングで学校教育を受けた。 一九六六年、彼はストックホルムのカロリンスカ病院で博士課程を終了する。 彼はストックホルム近郊のソレントゥーナに住み、精神科の教師であると同時に、ダンデリード病院で病院長を歴任した。 一九九六年以来、彼はメルビューの移動急性治療チームの責任者であり、ダンデリード/ヴァクスホルム/エステロケルス地域を担当している。 心理療法士で妻のヘレナと間に二人の子供がいる。人間の魂の暗い側面についての知識を生かし、魅力的な心理犯罪小説、心理的スリラー、社会犯罪小説を書いている。一九七一年に彼は「Gammal Ost」という本でデビューした。その本は、ドイツ語で一九九六に出版された。彼は「スウェーデン犯罪学者のアカデミー」と「ストックホルムの犯罪小説作家協会のメンバーである。」(1

なるほど、元々は「精神科のお医者さん」で、その経験をもとに、社会的な小説を書いたとのこと。読むのが楽しみである。一九四〇年生まれとのこと、現在(二〇一八年)七十歳台後半だが、まだご健在のようである。また、オーケストラでバスーンを弾く、多才な人でもある。(2)十六冊の犯罪小説が出版されているが、最後のものは二〇〇八年、さすがにお歳のせいか、最近十年間は作品を発表されていないようだ。

 

***

 

(1)    Wikipedia, the free encyclopedia, ドイツ語版‘Ulf Durling’の項より引用。

(2)    Amazon UK, ‘Hard Cheese’ の作者紹介による。